日本から直行便でたった3~4時間!国内旅行に行くなら台湾へと言われるほど。海外旅行初心者の方にもオススメできる台湾は食べ物も美味しく、新日で安全な国としても有名です。有名な観光スポットもたくさんありますが、今回は台湾で暮らす女性にインスタ映えスポットを教えていただきました!

 


行かなきゃ損!?
何度も行きたい台湾の夜市


台湾といったらコレ。定番ですが何度も行きたくなるのが夜市。
夜市が始まると街のあちらこちらに灯りがともり、とっても賑やか。同時に屋台にも灯がともります。日本のお祭りや縁日を思い出すような台湾の夜市。

▼思わずよだれがこぼれそう…台湾夜市の満腹B級グルメ

夜市では1,300円あれば約10品は飲み食い出来て満腹になるようです!
例えば、
・どら焼き1つ10台湾ドル(約30円)
・蚵仔煎(オアチェン)…日本でいうお好み焼きは40台湾ドル(約120円)
・牛肉捲餅…日本でいう餃子6個入りが50台湾ドル(約150円)

などなど…物価が安く美味しい!というのが台湾夜市の人気ポイントのようです。
また、日本人に人気の高いタピオカジュースも街の至る所に売られていて、街行く人の多くが飲み歩いているんですって!

現在、InstagramやFacebookなどSNSがとても流行っている台湾。台湾の南にある市で海が近く南国の雰囲気溢れる高雄に在住中のM様がインスタ映えスポットとともに台湾の暮らしを教えて下さいました!

 


台湾リピーターに人気急上昇の高雄
心地良い…都会とローカルの融合!


ハンドメイドマーケットにご自身で作られたバッグを販売されているM様。色彩豊かで見ているだけでも楽しい様子が伝わってきます!「カワイイ」を探しに手作り市に行く観光客も多いようです。

▼最初は趣味で始められたという編み物。台湾で出来たご友人のきっかけで、Tシャツヤーンで編んで作ったバッグを販売されているのだとか。平日にバッグの制作をし、休日にご主人と一緒にマーケットに出店されているんですって☆

ご主人の海外赴任で、台湾・高雄の地で生活をされているM様。台湾といえば台北が有名ですが、台湾リピーターに人気急上昇中なのが高雄。
台湾は九州ほどの島国で、北に位置するのが台北、南に位置するのが高雄です。台北は亜熱帯、高雄は熱帯に属しているので気温はかなりの違いが!高雄では冬でも天気の良い日中であれば、普通に半袖のTシャツで過ごせる日があるのだそうです。

▼まるでリゾート地のような風景。「ここはハワイか?」と言いたくなるようなヤシの木とビーチ。▼高雄の象徴とも言える川、愛河。夜景が美しい高雄の街並みをより美しく輝かせる観光スポット。

リゾート地のような美しさとほっこりするようなローカルさを併せ持った高雄。毎週土日に開催される花市やマンゴーが売られているスーパーも見どころです。

 


当たり前じゃない…!
毎日の手料理に驚きの声!?


優しいご主人と一緒に、すっかり高雄の生活に馴染みつつあるというM様。そんなM様は毎日どんな生活を送っておられるのでしょうか?

-6:00-
起床
朝食作り

-6:30-
洗濯や掃除など家事

マーケットのバッグ作り

-11:00-
塾で中国語の勉強

-12:00-
お昼ごはん

スーパーで買い物

-13:30-
マーケットのバッグ作り

-17:30-
夕飯作り

-19:00-
ご主人帰宅、夕飯

実はM様。
ご家族皆で揃って食事をとるよう育てられてきたそう。ご結婚された現在も、この習慣を守り、そのひと時を大切にされているようです。台湾でもその習慣は健在中。いつまでの仲睦まじい夫婦はこういった団欒のひと時を楽しんでいるからこそなのではないでしょうか。素敵!

 

【ファッションのポイントは?】

台湾は一年中温暖で、四季はなく長い夏と短い冬があるのみ。(冬といっても日本の秋くらいの気候) 日本よりも遥かに暑い台湾ではTシャツにショーパンとラフなスタイルになりがちですが、どんなスタイルでもいつもシルエットを第一に考えています。服のシルエットが決まったら、ヘアスタイルもアレンジするのが楽しみのひとつです♪
またベーシックカラーだけでなく、夏は特に明るく鮮やかなカラーもファッションに取り入れることも意識しています。明るい色を着ると気持ちも明るくなる気がします(*^_^*)

 

【日本と一番違うと思った事は何ですか?】

食事面です。台湾では毎週、場所によっては毎日、夜市が催されています。夜市は屋台料理だけでなく、果物のドリンクや、ゲームコーナー、衣類や生活用品なども売っていたりと日本の夏祭りのような感覚で、そんな夜市で夕飯を済ませる人がたくさんいます。また「小吃」といって安い値段で美味しいローカル料理が食べられるお店もあちこちにあり、台湾ではさかんに外食する文化が発達しています。
日本では当たり前なのに毎日料理していることに驚かれることが多いんです。

▼台湾は共働きの家庭が多く、食事は外食がメインだそう。
料理がお得意のM様。毎日手料理の習慣は日本でも台湾でも続けておられるそうです。…にしても日本食のクオリティーが半端ナイ!!!食べたい―!!!

▼まるでレストラン!フルーツやサラダも色鮮やかです。筆者、同じ主婦として見習います…汗!

 


台湾に来たら絶対撮りたい
インスタ映えスポットに行ってみた!


InstagramやFacebookなどのSNSがとても流行している台湾。今回M様自ら、フォトジェニックなおすすめスポットに行き撮影して下さいました!

まずは定番!外せない高雄のシンボル「龍虎塔」
▼龍から入って虎から出ると、罪が浄化され福が増えると言われるパワースポット。高雄で一番人気の観光地だそうです。とってもノリの良いご主人様との2ショット!なんとも羨ましいご夫婦です☆

 

世界で最も美しい駅
第2位
にも選ばれた「美麗島駅」
▼これ駅!?世界最大のステンドグラスアートである「光之穹頂(光のドーム)」。まさにフォトジェニック!一日3回行われる光のショーでは、ステンドグラスアートの色が幻想的に変わります。

インスタグラマーの人気スポット
巨大な集合住宅「果貿社区」

▼1970年代に建てられた軍人専用の集合住宅「果貿社区」。当時の雰囲気を残した団地は、近年、インスタグラマーたちの人気スポットとして話題になっています。
▼左右のビルが半円状にカーブしており、中心にある公園を中心に全体が円筒状に。ぜひ円形公園から空を見上げてみて下さい!

 

カラフルな壁アートはまさにフォトジェニック!
▼気分が一気に上がっちゃうインスタ映え間違いナシの壁アート。インスタに投稿したらいいねUP間違いなし!?

 

その目で見て!「ランタンフェスティバル」
▼ド迫力のランタンオブジェと幻想的な電飾が楽しめる年に一回のランタンフェスティバル。元宵節を祝う国を挙げての一大イベントは人生で一回は目にしたい…!!

 


財布を落としても帰ってくる国。
台湾人の優しさにほっこり。


台湾人=親日・親切
といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。日本人と同じような礼儀正しさや親切心を持つ台湾の人々。たどたどしい中国語にも嫌な顔ひとつせず気長に待って聞いてくれた…などのエピソードもよく耳にします。

M様に台湾に住んで困った事を聞いてみました。

「やっぱり言語の違いで意思疎通が上手くいかないことですね。台湾は同じアジアの国なので一目で日本人と認識されず、中国語で話しかけられることが多いです(笑)」

【台湾の生活はどうですか?】

台湾に来る前は色んな不安もありましたが、今はとても楽しいです!
怖いもの知らずな私は一人でお店に飛び込んでみたり、言葉が通じないのに電話をかけたり(笑)、何よりハンドメイド市場で出店を始めたりと…そんな私の姿を目の前で見てきた主人が、一番驚いているようです。

言語の壁はやっぱり高い!でも愛嬌やフィーリングで何とかなるもの。M様のニコニコした笑顔があれば言葉が多少通じくなくても分かち合えるのでしょう!
慣れない海外生活の中でも塾に通い中国語の勉強をされているそう。お料理、ハンドメイド、そして語学。常にストイックで高い意識を持つM様はいつでも、どこに行っても輝いている…そんな女性だと思います☆

 

ーM様、有難うございました。

 


台湾のファッションスナップ


▼まるでモデルのような超美脚&脚長の彼女!ギンガムチェックにデニムパンツはすぐ真似できそうなコーデですね☆

▼目が覚めるような鮮やかなブルーのワンピースが素敵!華やかで女性らしいワンピーススタイルです。

▼黒と白のモノトーンコーデが超クール。引き締まっていながら涼しく爽やかなスタイル!
▼カジュアルで大人の抜け感がオシャレ、カラー使いがお上手な大人可愛いコーディネートですね!