【知って得する!カラー講座】40~50代が“老け見え”する色は意外にもこの2色!

サワアラモードスタッフの北本です!
秋冬シーズンになると、つい手に取るアイテムカラーは、ダークカラー。
「でも、顔のくすみや顔映りを考えると、いつもとは違うカラーにチャレンジした方が若見えする?」「でも落ち着いた色味が年相応?」と迷う40~50代女子も…。
そんな秋冬に陥りやすい40~50代のNGカラーと、40~50代でも積極的に取り入れたいOKカラーはどのようなものでしょう。

ダークグレーはコンクリートのように無機質な印象に!

「黒は重たい感じがするし、ネイビーだと真面目になっちゃうから、私は無難にグレー!」を選ぶという人は要注意!
そのグレーはダーク系?ライト系?
特に白みの少ない「ダークグレー」は、コンクリートのように、無機質で冷ややか表情に見せがちです。


ベストレイヤード風デザイン長袖シャツ
mode-3635

顔を明るく見せる「ライトグレー」「杢グレー」がオススメです。
もしトップスでグレーを選ぶなら、白に近い「ライトグレー」や「杢(もく)グレー」が素敵。
ニュアンスのあるカラーで、顔回りも暗くなりすぎず、適度な明るさと上品さを持ち合わせたコーディネートになります。


シマウマ柄ニットトップス
mode-3781

冷たいイメージのあるグレーもこの「ライトグレー」や「杢グレー」を選べば、キメすぎない、すこし柔らかさのある大人の配色に!
また、いつもより少し発色の良いルージュをプラスすれば、秋冬でも華やかな雰囲気になります!

大人色「ボルドー」は要注意カラー。威圧感が出ます! 


また秋が深くなると、アラフォー&アラフィフ世代が手に取る「ボルドー」。
まさに秋や冬のこっくりとしたカラーであると同時に温かみを表現できるカラー。
でも一歩間違えると、どっしり感のある落ち着いた年配女性像に見えがち。


ケープ風デザイン長袖ブラウス
mode-2191

同じ赤系なら「橙(だいだい)カラー」で可愛らしさをプラス。
どっしりと見える理由は、色彩による重量感を感じやすいという点があるからかもしれません。
少しでも軽快に、スマートに見せたい、40~50代女子はボルドーに黄味がかった「トマトレッド」のような橙カラーがおすすめです。


ベルスリーブのシャツトップス
mode-4906

他アイテムをベーシックカラーでまとめれば、派手過ぎず、抵抗なく取り入れやすいカラーです。

この秋は「バイカラー&ツートンカラー」が旬! !

2種類の色で配合、構成される色使いの組み合わせの事を「バイカラーもしくはツートンカラー」といいます。


鮮やか大人色で魅せるセットアップ
mode-1893

2種類でデザインされた洋服は単独カラーと違っていろんな組み合わせのバイカラーになるのでさらにおしゃれで都会的なカラーに印象づけられます!

フロント切り替えバイカラースカート
mode-5261

バイカラーやツートンカラーのアイテムは今年のトレンドでありながら、サワアラモードでも人気ですぐ完売するので、見つけたら早めのチェックが必要です。